強調表示されたときにMicrosoftExcelセルを灰色にシェーディングする方法

子供の頃にフィンガーペイントが好きなら、マウスを使ってMicrosoftExcelで色をペイントするのが好きかもしれません。ビジネススプレッドシートでセルを強調表示すると、Excelがそれらを選択します。その後、これらのセルを複数の方法で自由に操作できます。いくつかのボタンをクリックして手動で色を選択することで、背景色を灰色に変更することもできます。スプレッドシートに数行のVBAコードを追加することで、プロセスを自動化し、Excelのセルの背景を強調表示したときに自動的に灰色にすることができます。

セルに手動で色を付ける

1

Excelを起動し、スプレッドシートを開きます。

2

色を付けたいセルのグループを強調表示します。

3

強調表示したセルの1つを右クリックして、[セルの書式設定]を選択します。「セルのフォーマット」ウィンドウが開きます。

4

ウィンドウの[塗りつぶし]タブをクリックして、[背景色]セクションに表示される小さな色の正方形を確認します。一部の正方形には、さまざまなグレーの色合いが表示されます。

5

使用したいグレーの色合いが入っている四角をクリックし、「OK」をクリックします。Excelは、選択した色を強調表示したセルに適用します。

セルに自動的に色を付ける

1

Excelを起動し、スプレッドシートの1つを開きます。

2

「Alt-F11」を押して、VisualBasicエディタウィンドウを開きます。

3

エディターの左上にある小さなプロジェクトウィンドウの「ThisWorkBook」アイコンをクリックします。

4

エディターの右側にある空のコードウィンドウに移動し、そこに次のコードを貼り付けます。

Private Sub Workbook_SheetSelectionChange(ByVal Sh As Object、ByVal Target As Range)For Each cell In Worksheets( "Sheet1")。Application.Selection cell.Interior.Color = RGB(230、230、230)Next cell End Sub

5

「Ctrl-Q」を押してVisualBasicエディターを閉じ、スプレッドシートに戻ります。1つ以上のセルを強調表示し、Excelがそれらを灰色に変える方法に注意してください。