収益における広告および販売促進の影響

2つの用語はしばしば同じ意味で使用されますが、広告と販売促進は、企業のマーケティング戦略の異なる部分を示します。広告はブランド認知の構築と長期的な収益性を構築するための対策の実施と関係がありますが、販売促進は商品やサービスの価格に直接影響を与えることによってビジネスに即時の収益を注入する短期的な戦略です。どちらも収益に影響を与える可能性がありますが、販売促進はあなたのビジネスがもたらす金額に直接関係しています。

価値の向上

広告はあなたのビジネスがその価値を高め、その評判を築くのを助けることができます。これは2つの方法で発生する可能性があります。雑誌、新聞、ソーシャルメディア、その他の販路の広告スペースを購入するか、社説を取り上げることです。理想的には、社説の報道は多くの中小企業の目的です。それはあなたに実質的に何の費用もかからず、あなたの会社の評判を築くのに長期的な影響を与えることができます。本質的に、これは広報を獲得することについてです。地元の新聞、コミュニティ組織、社交クラブと連絡を取りましょう。非営利イベントの宣伝に参加するか、リトルリーグチームを後援してください。これらはすべて、広告に直接お金をかけることなく、あなたのビジネスの名前を一般に公開する方法です。

ブランドの評判

ブランド価値を高めるこれらのより伝統的な手段とは別に、あなたのビジネスはそのブランドの評判にも関心を持つべきです。顧客はあなたの会社から商品やサービスを購入する際に安全で安心できるので、堅実なブランドの評判は収益に直接影響します。評判管理とは、顧客の認識がビジネスの収益見通しに与える影響を理解することです。ここでの考え方は、顧客の期待を管理し、問題や問題に迅速に対応し、常に倫理的な方法でビジネスを遂行することです。評判に関するこの懸念は、あらゆる形態のマーケティングと広告、およびカスタマーサービスへのアプローチを通じて拡大する必要があります。

販売促進

販売促進は、直接収益を促進することを目的としています。販売促進を行うには多くの方法があり、それらはすべて、消費者に付加価値やインセンティブを伝えることと関係があります。たとえば、製品やサービスの無料トライアルを提供したり、クーポンを発行したり、リベートを提供したり、無料の商品のコンテストを開催したりできます。これらの方法はすべて、顧客をあなたのビジネスに引き込み、お金を使うことを目的としています。

それをまとめる

ご想像のとおり、マーケティング、広告、販売促進は単独では存在しません。企業は、短期および長期の収益と成長の両方を促進するために、これらすべての方法を適切に組み合わせる必要があります。目標は、ビジネスの収益性を維持し、コミュニティや現在および潜在的な顧客の間で高い評判を維持することです。価値を高める活動と広告や販売促進への直接投資のバランスをとることで、企業は繁栄することができます。