コンサルティングの税金を見積もる方法

ほとんどの独立コンサルタントは自営業と見なされているため、コンサルティング料から給与税を源泉徴収することはありません。自営業の場合は、年末に、自営業の収入と支出のすべてを示すスケジュールCを個人の申告書に提出する必要があります。この所得から所得税が源泉徴収されないため、自分で税金を見積もる必要があります。これは、コンサルティング収入と、個人の確定申告で受け取ることができる個人控除額を相殺するために、事業費がどのようになるかを見積もることによって行われます。

1

その年の年間コンサルティング収入を見積もります。毎月支払われる場合、支払われる月数を見積もることができます。コンサルティング収入が契約に基づいている場合があり、契約に基づいて年間の収入を見積もることができます。あなたはその年に実際に受け取った収入だけを認識します。たとえば、6月に署名されたが、翌2月まで支払われなかったコンサルティング契約がある場合、収入は翌年まで認識されません。

2

コンサルティングに関連する年間の事業費を評価および見積もります。IRS出版物505には、控除できる事業費の詳細が記載されています。これらには、コンサルティング関連の電話費用またはビジネス関連の消耗品が含まれる場合があります。

3

住宅の利子の項目別控除など、すべての個人控除を見積もります。固定資産税はスケジュールAに記載されます。また、扶養家族の数に対する個人控除額を計算します。たとえば、結婚していて2人の子供がいる場合、2011年の控除額は1人あたり3,650ドル、つまり合計で14,600ドル(3,650ドルの4倍)になります。

4

事業収入から推定事業費を差し引いて、推定純利益を算出します。この純利益に5.65%を掛けます。これは、その年にかかる推定の社会保障税とメディケア税です。また、推定純利益から個人経費を差し引いて、推定所得税を決定します。所得税の表は、IRSのWebサイトIRS.govにあります。これで、その年の推定社会保障税とメディケア税、および推定所得税が表示されます。