所定の変動間接費とは何ですか?

諸経費やその他のビジネスコストの管理は、ビジネスの財務の安定に不可欠です。中小企業の所有者は、変動する間接費を含むコストを事前に決定しておけば、より良い事業計画を作成し、現実的な目標を設定できます。ただし、最もよく考えられた予測でさえ、考慮しなければならない許容誤差があります。

オーバーヘッド

すべてのビジネスには諸経費がかかります。これらは事業の運営に適用される費用であり、商品の生産や販売サービスの提供に直接貢献するものではありません。資材や直接労働などのコストは諸経費の一部ではありませんが、事務用品のコストと管理給与は諸経費の一部です。企業の総経費は、直接費と諸経費で構成されます。それぞれの種類のコストを管理することは、支出を管理して利益を上げるための鍵です。

変動間接費

間接費には、固定費と変動費の2つの異なる形式があります。間接費は、コストを生産されたアイテムの数または販売されたサービスの単位で割ったものです。固定間接費は、ビジネスの生産性に関係なく同じです。変動金利とは、生産性が上がるにつれて上昇するコストを指します。たとえば、本を印刷する中小企業は、より多くの紙を購入し、そのプリンタをより長い時間稼働させる必要があります。紙と電気はどちらも変動費ですが、紙は間接費の一部ではなく、電気は変動費です。

事前決定レート

今後のコストを見積もるために、中小企業の所有者または経理マネージャーは、事前に決定された変動間接費のリストを作成します。このリストは、さまざまなレベルの生産を前提として、ビジネスを運営するための予想コストを示しています。間接費の変動は、生産量が多い場合にコストの上昇につながるため、販売量の増加が直接的な利益の増加につながるわけではありません。事前に決定された変動間接費は、費用に影響を与える可能性のある価格見積もり、予測、および最近のエネルギー料金に基づいています。

分散

実際の変動間接費率と所定の変動間接費率の差は、間接費差異として知られています。差異は、エネルギー料金が変更されたとき、ビジネス用品の価格が上昇したとき、または企業が事業の特定の部分を外部委託することを選択したときに発生します。事前に決定された変動間接費があっても、変動が発生する可能性があり、企業が実際に費やす金額に大きな影響を及ぼします。過去の差異を分析し、その原因を理解することは、ビジネスリーダーが将来に向けてより正確に計画するのに役立ちます。