プロジェクト管理と品質管理プログラム/方法

プロジェクト管理は、プロジェクトのコスト、スケジュール、および範囲を監視および調整して、プロジェクトが予算内で、時間どおりに、計画どおりに完了するようにします。品質管理は、作業の結果がユーザーの要件と期待を満たしていることを確認するためにチェックします。管理者は、プロジェクトのマイルストーンと品質のベンチマークを確立するプログラムと方法を定義します。それらは、経営陣に進捗状況を確認させ、適切な場合には是正措置を講じさせます。最後に、スタッフは実行されたアクションの結果について報告することができます。

プロジェクト管理プログラム

プロジェクトマネージャーが進捗状況を管理するのに役立つプログラムには、スケジュール追跡機能、完了度の評価、およびコスト監視が含まれます。WBS、または作業分解図をPERT、またはプログラム評価およびレビュー手法とともに使用すると、プロジェクトマネージャーはスケジュールされた作業を割り当て、リソースの使用率とコストを追跡し、マイルストーンを使用して進捗状況を追跡できます。システムは問題を特定し、プロジェクトマネージャーが適切な変更を加えて修正措置の結果を確認できるようにします。

プロジェクト管理方法

プロジェクトマネージャーが制御プログラムを実装するために使用する方法には、クリティカルパス計算、注文承認構造、外部進捗チェックなどがあります。クリティカルパス法は、プロジェクト全体を進めるためにスケジュールどおりに完了する必要があるタスクを識別します。プロジェクトマネージャーは、コスト管理のために、すべての主要な注文を承認するように要求する場合があります。ライセンス、許可、規制当局の承認などの外部マイルストーンは、作業の進捗状況を独立して示します。

品質管理プログラム

品質保証プログラムは、プロジェクトの作業の品質を保証するために使用されます。このようなプログラムの特徴には、受け取ったすべての資料の検査が含まれます。図面と計画の検証。労働者の資格の検証; そして行われた仕事の検査。ユーザーからのフィードバックは、完了したプロジェクトにとって重要ではなくなりましたが、プログラムがパフォーマンスの低下の理由を文書化し、解決策を課すため、継続的な改善を確実にするのに役立ちます。

品質管理方法

品質管理方法には、詳細な文書化、すべての文書のレビュー、および詳細なテストが含まれます。ドキュメントには通常、プロジェクトに適用されるすべての手順を指定する品質管理マニュアルが含まれています。各タスクの責任者と、タスクが適切に完了したことを確認する責任者について詳しく説明します。すべての文書は、それを準備する人とその検証の責任者によって承認されます。検査官は、受け取った資料と完了した作業に指定されたテストを適用します。試験結果が受け入れられない場合、検査官は交換材料と修正作業を主張します。経営陣は、失敗を文書化したレポートを受け取り、原因と再発を防ぐ方法の評価を開始します。