スクリーンプロテクターはデジタルカメラにとって価値がありますか?

LCDディスプレイを使用する最初のデバイスが登場して以来、LCDディスプレイの品質は大幅に向上しています。ほとんどのデジタルカメラ、携帯電話、タブレットは、ディスプレイを傷つけないように丈夫で傷のつきにくいガラスを使用しているため、スクリーンプロテクターに投資する理由があるかどうか疑問に思われるかもしれません。ただし、デジタルカメラのスクリーンプロテクターには、ビジネス目的でのカメラの使用方法に応じて、多くの利点があります。

保護

ほとんどのLCDスクリーンは傷のつきにくいガラスでできていますが、スクリーンプロテクターがデバイスに別の保護層を追加することは間違いありません。カメラのLCD画面は、ショットを並べて結果を表示するための主要な方法の1つとして使用するため、画面に破片、ガッシュ、傷がないことが重要です。これは、ファインダーがなく、画像の合成をLCD画面に完全に依存しているコンパクトデジタルカメラに特に当てはまります。デジタルデバイスの保護を強化することが悪いことになることはめったにありません。

プライバシー

カメラを持っている人だけがその画像を見ることができるように、特定の角度から画面を見えなくする特別なスクリーンプロテクターが利用可能です。これは、近くに誰も見られずにカメラで写真を閲覧したい場合に便利ですが、この機能は通常、ラップトップや携帯電話などでより便利です。それでも、プライバシーがカメラの懸念事項である場合は、スクリーンプロテクターが役立ちます。

グレア

ガラス仕上げは光を反射する傾向があるため、明るい環境で写真を設定するのは困難です。アンチグレアスクリーンプロテクターは、LCD画面を安全に保つだけでなく、作成しようとしているショットのより良いビューを提供します。カメラの液晶画面に太陽が当たって写真を撮ろうとしたことがあれば、まぶしさを軽減する価値がすぐにわかります。

欠点

スクリーンプロテクターの使用に関連するいくつかの欠点があります。 LCDガラスが傷のつきにくい素材でできている場合は、必要ない場合があります。一部のプロテクター、特にアンチグレアの種類は、画像に歪みやピクシレーションを引き起こす可能性があります。最後に、薄いプラスチック製のプロテクターは適用が難しく、画面に気泡や破片がほとんど閉じ込められない可能性があります。これはカメラに害を及ぼすことはありませんが、画面上のアイテムをはっきりと見ることができなくなる可能性があります。