ファッション業界における輸出入の長所と短所

アメリカ、ヨーロッパ、アジアでのランウェイショー、デザイナーのグローバルコミュニティ、そして同様にグローバルな一連の生産パイプラインにより、ファッションは輸出入に基づいたプロセスからインスピレーションと実用的なルーツを引き出します。製品から農産物まですべてが「作り付け」のタグまたはラベルを付けている時代では、単一の国でクリエイティブサイクルの全範囲を調達しているファッション企業はほとんどありません。国際的なファッションビジネスパートナーと協力することは、課題と機会をもたらします。

コスト削減

発展途上国で衣料品やアクセサリーを製造することは、ファッション関連企業に生産労働力の価格の引き下げを通じて固定費を削減する機会を提供することができます。海外の雇用主は、現地の生活水準、労働者に対する虐待行為、またはその両方に基づいて、より低い賃金を支払います。一部の製造会社は垂直統合により、繊維農業から完成品までの生産プロセス全体を管理できるため、原材料を購入する必要のある生産者と比較してコストを削減できます。会社がオフショア会社からファッション商品を輸入したり、オフショア生産を使用したりする場合は、取引先が現場や工場で人権を侵害する行為を行わずにコスト削減を提供していることを確認する必要があります。

製品の品質

製造作業を海外に送る企業にとって、生産ラインを遠くから監視することは、移動時間やコストから言語の壁に至るまでの課題をもたらします。同様に、遠くの顧客のために商品を生産することは、特に言語の問題が邪魔になる場合、製造の期待を明確にし、支持することに伴うステップを複雑にする可能性があります。プロセスに含まれる翻訳と仲介が多ければ多いほど、誤解、間違い、時間や商品の浪費の機会が増えます。正確に作成されたサンプル、明確な仕様、現地の監視、定期的な施設検査は、期待の共有理解を保証するのに役立ちます。

生産と配送

商品をオフショアに送る、またはオフショアの製造リソースになるということは、出荷と貨物の取り扱いのロジスティクス、輸出入を管理する法律、関税と関税、および製品を入国地から流通地点に移動する必要性に対処することを意味します。同様に少量の生産量または数量を扱う中小企業の場合、完成品を送受信するプロセスには、貨物輸送会社、複雑で時間のかかる事務処理、および高価な輸送コストが含まれる可能性があります。信頼できる配送業者を見つけることで、これらの手順を簡素化できます。

その他の考慮事項

ファッションは創造的なエネルギーを利用して、トレンド、流行、季節のスタイルに対する顧客の需要を通じて販売を推進します。インポート/エクスポートパイプラインは、複数の支出レベルに達する小売価格の範囲全体で、ファッション性の高い外観の既製バージョンを作成するのに役立ちます。海外のパートナーやオフショアロジスティクスの複雑なプロセスを簡素化できる仲介業者と信頼できる関係を築くことができるファッション関連企業にとって、海外企業の製造ベンダーとしての役割や他国からの生産の調達は有益な機会を提供します。多くの割当と貿易保護協定を超えた規制緩和された気候の中で、ファッション生産は、発展途上国の世界貿易への参入のための産業の足がかりのままです。