どのくらいの頻度で人々は職場でエチケットトレーニングを受けるべきですか?

組織内で発生するすべてのトランザクションは、ビジネスマナーのトレーニングを受けた従業員から恩恵を受けると言っても過言ではありません。顧客と同僚は同様に、優れたビジネスマナーの2つの基本的な側面である礼儀と敬意を持って扱われると、彼らの経験に満足し、より満足します。職場のエチケットに関する従業員のトレーニングは、理想的には継続的なプロセスである必要がありますが、多くの場合、このタイプのトレーニングは、認識されたニーズによって決定されます。

オリエンテーションの一環として

エチケットトレーニングは、新入社員のオリエンテーションプロセスの一部である必要があります。これは、ビジネスマナーのルールに従うことが仕事への期待であり、新入社員に良いエチケットの重要性を印象付けることを確立します。オリエンテーションのプロセスには、理想的には、新入社員が仕事に順応するのに役立つトレーニングセグメントを含める必要があります。

問題への対応

基本的なエチケットスキルの欠如が組織を悩ませている問題の根源である場合、エチケットトレーニングは遅れています。失礼な行動がビジネスに影響を及ぼしている兆候には、顧客の不満、顧客や他の従業員からの電話や電子メールのマナーに関する苦情、従業員とのやり取り中の無礼な行動に起因する従業員間の対人関係の問題などがあります。これらの問題を完全に回避したいのですが、問題の最初の兆候でのエチケットトレーニングセッションは、悪い行動のために混乱に向かっている職場を脱線させるのに役立ちます。

変化への対応

組織が新しいコミュニケーションモードを採用したり、新しい支店を開設したり、単に時間を延長したりすると、従業員が不満を感じることがあります。プロセスの一部としてエチケットトレーニングを含めることで、組織に変化が生じたときに従業員を正しい立場に立たせます。組織がソーシャルメディアプラットフォームを採用する際の敬意を持ったやり取りについて学ぶことで、新しい支店を開設したり営業時間を延長したりするときに、顧客や同僚に対する義務を従業員に思い出させながら、あなたを悩ませることになるエラーを防ぐことができます。

継続的なトレーニング

最高の労働力はよく訓練された労働力であり、職場のエチケットに関してこれほど明白なものはありません。そのため、継続的なエチケットトレーニングを業務に組み込むことで、従業員は組織に対して敬意を持って丁寧にやり取りすることの重要性を認識し、その主題に関する有益な情報を従業員に提供できます。エチケットトレーニングは、独立した教育の機会にすることも、毎週または毎月の会議に組み込むこともできます。