優れたカスタマーサービスの特徴

優れたカスタマーサービス部門は、毎回顧客に前向きな体験を提供することを目指しています。顧客は必ずしも探していた結果が得られるとは限りませんが、優れた顧客サービス部門は、顧客に公正な取引をしたように感じさせることができます。すべての企業が顧客サービストレーニングに組み込む必要がある優れた顧客サービスのいくつかの機能があります。

顧客は重要です

「アントレプレナー」誌に掲載された記事「TeachingGoodCustomer Service」によると、優れたカスタマーサービスの主な特徴の1つは、顧客が主な焦点であるということです。顧客が優れた顧客サービス担当者に電話をかけると、すぐに電話を受けるように教えられます。個人的な電話を受けるために顧客を保留にしないでください。また、ビジネス上の理由で顧客を保留にした場合は、60秒を超えてはなりません。お客様を保留にした後は、必ずお客様に謝罪し、その理由を説明してください。顧客を重要であるかのように扱うことにより、顧客に重要を感じさせます。

プロフェッショナルであり続ける

「Inc.」の記事「HireaQuality Customer Service Candidate」によると、優れたカスタマーサービス部門は常に落ち着いてプロフェッショナルであり続ける方法を知っています。マガジン。カスタマーサービスアソシエイトは手に負えない顧客に対処する方法を教えられ、カスタマーサービスマネージャーはいつ介入して状況を支援するかを知っています。その穏やかで専門的な態度は、最も困難な顧客の状況に直面しても、優れた顧客サービス部門が合理的な決定を下すのに役立ちます。

Win-Win

優れたカスタマーサービス部門は、通常、双方にメリットのある状況が最善の解決策であることを理解しています。公正な解決策であると感じたために顧客が勝ち、ある程度の利益を維持し、リピーターを維持できるために会社が勝ちます。可能な場合はいつでも、Win-Winの状況を特定して作成する方法についてカスタマーサービスアソシエイトをトレーニングします。また、状況が双方にメリットをもたらすことができない場合を認識し、与えられた情報に基づいて可能な限り最良の解決策を開発するよう努めることも重要です。

ジョブを終了する

優れたカスタマーサービスの特徴の1つは、常に顧客が完全に満足し、状況が完全に解決されていることを確認することです。優れたカスタマーサービスアソシエイトは、通話が終了する前に、他に何かする必要があるかどうかを顧客に尋ねるように教えられています。常に仕事を完全に終えて、顧客に優れた顧客サービスを受けたかのように感じさせてください。