新会社対 新部門

企業は、古い事業がもはやニーズを満たしていない場合、または事業の拡大が限界にある場合に、新しいベンチャーを設立することを選択することがあります。企業は、これらの事業を子会社に収容するか、社内リソースを分離してセグメント化し、部門と呼ばれることもある新しいビジネスユニットを作成することができます。各オプションには、独自の長所と短所があります。どちらが優れているかは、親会社の状況によって異なります。子会社は、購入した場合、投資の容易さと既存の接続を提供しますが、新しいビジネスユニットは、子会社と比較して、社内の有効性と管理性を向上させます。

子会社

企業は、企業などの特定のクラスの企業の株式を所有できます。他の事業の株式の50%以上を所有する事業は、投資する事業を支配しており、それらの娘会社または子会社の親会社と呼ばれます。企業が望ましい拡大の道を考えている会社を見つけた場合、企業は、新しい子会社を設立するのではなく、支配株を所有するまで株式を購入することにより、その会社を子会社として購入することができます。

子会社の設立

企業は、独自の子会社を開始または購入することができます。どちらの場合も、親会社は子会社の株式を発行できるため、子会社は親会社に追加の資金調達を容易に提供します。より多くの株式を売却することは、ある程度の支配権を放棄し、他の投資家に義務を生じさせるという代償を伴いますが、親会社が50%以上の株式を保有している限り、彼らの支配権は安全です。その他のメリットには、親会社とは関係のないビジネスチャンスに投資する機会や、企業投資家の有限責任によってもたらされる負債からの保護が含まれます。

親会社は、新しい子会社の存在条件を決定でき、適切に近い事業を購入するのではなく、希望する事業を作成できるため、新しい子会社に対してより多くの管理と影響力を持っています。新しい子会社は、より多くの機能を実行し、より多くのリソースを消費する必要があるため、新しいビジネスユニットよりもコストがかかる傾向があります。同時に、新しい子会社は、株主に売却を説得するために事業の資産の公正価値に対してプレミアムを支払う必要がないため、事業を購入するよりも低コストです。ただし、新しい子会社を設立する親会社は、州政府やIRSなどの適切な当局に子会社を通知するために、所有者間の合意を交渉する責任もあります。存在と適切な書類を提出するため。

買収した子会社の場合、親会社は、過去の出来事に対する責任を引き受けることと引き換えに、人的資本や顧客基盤などの確立された業務とリソースから利益を得ることができます。購入した子会社は、50%以上の株式を購入するために十分な株主を説得して売却することは困難であり、費用もかかるという点で不利です。新しい子会社や新しいビジネスユニットを立ち上げるよりも、費用がかかる可能性があります。

ビジネスユニット

企業は、賢明な基準に基づいて、関連する操作とプロセスをビジネスユニットに分割する傾向があります。このような基準には、機能、製品ライン、地理的地域など、幅広い概念を含めることができます。たとえば、ある企業は、販売、経理、生産などの機能に応じて事業を分離する場合があります。ビジネスユニットの他のより一般的な名前には、部門や部門が含まれます。除算は、機能以外の基準を参照するために特に使用されることがあります。

ビジネスユニットの設立

ビジネスユニットは、ビジネスの専門知識を特定の領域に集中させるため、多くの場合、そのユニットに該当する業務の効率と効果を高めます。ただし、同時に、ビジネスユニットは、他のユニットからリソースを取り出すか、負債などの他の方法を使用して確保する必要があるため、セットアップに費用がかかる可能性があります。たとえば、企業が経理部門を設立した場合、他の部門から異動する各従業員は、以前の部門で働いていない従業員です。これらの高コストと引き換えに、ビジネスユニットは、その構造化と運用がビジネスの管理下にあるという点で有益です。