小売対 原価在庫会計

在庫の見積もりと原価計算は、製造と小売の重要な機能です。ほとんどの製造または組立組織は、在庫を報告するために材料の元のコストを使用します。これらの企業は通常、最終消費者に販売しないため、原材料から仕掛品、完成品に至るまで、在庫の小売価格は不明な要素です。たとえば、ウォルマートなどの小売業者は通常、小売店で在庫を評価します。小売業者が在庫の卸売コストを超えて使用するマークアップによっては、価値の違いが非常に大きくなる可能性があります。

原価法による在庫

手持ちの在庫を評価するために、FIFO(先入れ先出し)、LIFO(後入れ先出し)、および加重平均コストの3つの主要な方法が使用されます。中小企業で広く使用されている最も一般的な方法はFIFOです。ほとんどの製造作業では、最も古い材料が完成品の作成に使用されることがよくあります。一部の事業、特にハイテク施設では、最新の部品購入を使用して完成品を製造する場合があります。これは、会計評価にLIFOを使用していることを示しています。

加重平均在庫コスト

材料の価格設定が多様に混在している企業は、加重平均法が最も効果的であることがよくあります。この方法は、材料費に手持ちの個数を掛けます。これらの合計は合計されます。次に、結果を加重価格カテゴリの数で割って、加重在庫コストレベルに到達します。たとえば、会社には、それぞれ2ドルで1,000個、2.75ドルで2,000個、3ドルで4,000個があります。1つの在庫カテゴリは$ 2,000に等しく、別のカテゴリは$ 5,500に等しく、3番目は$ 12,000に等しくなります。これらを合わせると、19,500ドルの在庫、つまり1個あたり2.79ドルの価値になります。

小売在庫会計

多くの小売業者は、予測された小売コストを使用して在庫を評価しています。仕掛品がないため(完成品のみ)、FIFO、LIFO、または加重コスト方式の方が計算がやや​​簡単です。Wal-MartやTargetなどの主要な小売業者は、大規模で多様な在庫品目を持っています。コンピュータを使用する前のマーチャンダイジングは、大規模小売業者にとって課題となりました。スタッフが集中する物理的なカウントが少なくとも年に1回必要だったからです。現在、POS(販売時点管理)チェックアウト端末を介して常に更新される洗練されたコンピューターソフトウェアは、手元にある商品の永続的な在庫を保持します。以前は複雑だった会計手順は、コンピューターのプリントアウトを読んで理解するのと同じくらい簡単です。

評価の違い

選択した評価方法(FIFO、LIFO、または加重平均)に関係なく、コストと小売在庫の評価方法には大きな違いがあります。現在の効率的なコンピュータソフトウェアが登場する前は、小売業者は在庫を小売価格ではなく卸売価格で評価することがよくありました。四半期ごとまたは年に1回以上、現在の小売店に在庫をマークすることは実用的ではありませんでした。小売業者の卸売コストは、製造業者の原材料コストに匹敵します。小売業者のマークアップ(20、40、50、または100%)に応じて、在庫の会計上の価値はそのコストと大きく異なる可能性があります。投資家と監査人は、使用される評価方法に応じて、会社の在庫の報告値の妥当性を分析する必要があります。