人的資源管理の分散化の長所と短所

管理は、組織の他のほとんどの側面と同様に、規模の経済の影響を受けます。コスト削減のプレッシャーにより、多くの企業は人事機能を一元化しています。他の企業はこの圧力に抵抗し、分散したマネージャーのウェブで事業を続けています。両方のアプローチには賛否両論があります。

利点:アクセシビリティ

地方分権化により、意思決定を行う人々はよりアクセスしやすくなる傾向があります。これにより、誤解を排除し、問題を迅速に解決するのに役立ちます。質問や問題がある従業員は、ボイスメールや電子通信のWebをナビゲートするのではなく、個人的にそれらを解決できます。この個人的なつながりは、高い士気と会社からの評価を維持するのに役立ちます。

利点:人間関係

管理する人々と同じコミュニティに住み、働く人事マネージャーは、職場の外でこれらの人々を知っていることがよくあります。これは、マネージャーが最善の仕事をするように動機付けるスタッフの福祉に対する個人的な懸念を助長する可能性があります。オンサイトマネージャーは、セントラルオフィスとの意見の不一致がある場合に従業員を擁護することができます。これは、マネージャー自身がセントラルオフィスにいる場合は困難です。

短所:効率

一元化された人事部門はより効率的に機能します。単一のオフィスは、分散型ネットワークよりもはるかに少ないオーバーヘッドで済みます。後者の状況では、オフィススペースからコンピューター機器、建物の保険やユーティリティまで、すべてを各場所で複製する必要があります。分散したスタッフは機能を複製する可能性があります。

短所:監視の欠如

自分の仕事をよく知っていて勤勉に働いている分散したマネージャーはうまく機能しますが、一部のマネージャーが自分が得ていないことを監視する必要がある場合、問題が発生する可能性があります。監視されていない場合、個人は会社の方針と矛盾して、独自の方法で物事を行う場合があります。または、まったく何もしない場合もあります。これは、不整合や非効率につながる可能性があります。