利益剰余金に対する税効果の純額

利益剰余金は、企業が獲得したがまだ分配されていない純利益を、従業員への報酬または株主への配当の形で表しています。本質的に、会社によって「保持」または「保持」されたのは収益です。企業は課税対象であり、特定の条件が満たされない限り、企業に残っている利益剰余金は課税されないため、これは税の問題を引き起こす可能性があります。通常、会社は経営陣に年末のボーナスまたは株主への配当を支払うことにより、利益剰余金を排除します。

利益剰余金

企業が利益剰余金をあまりにも多く保持している場合、超過分は特別法人所得税の対象となる可能性があります。原則として、企業は特別税なしで25万ドルの利益剰余金を維持することが許可されています。利益剰余金がこの金額を超える場合、企業はIRSにフォーム1120-Fを提出する必要があります。このフォームは、超過留保利益を調整します。場合によっては、超過留保利益を維持することでビジネスが正当化されることがあります。たとえば、会社が大規模な不動産資産を購入する準備をしていて、購入を完了するためにできるだけ多くの余剰資本が必要になる場合があります。未分配利益剰余金の税率は39.6%です。

利益剰余金を分配する方法

会社が超過留保利益を累積する場合、留保利益は配当または賃金のいずれかとして分配されなければなりません。配当は二重課税の問題を引き起こすため、一般的に賃金が望ましいです。これは、企業が配当金を利益から控除することはできず、配当金の受取人は受け取った配当金を所得として報告しなければならないためです。一方、法人が支払う賃金は課税所得を減らし、法人所得税を最小限に抑えるでしょう。

リーズナブルな賃金

企業は通常、超過利益剰余金を削減する手段として配当よりも賃金を選択するため、IRSは支払われる賃金を綿密に調べて、同様の事業と一致し、配当に対する課税を回避する目的で支払われないようにします。たとえば、企業の内部留保が$ 500,000で、管理ボーナスを合計$ 500,000支払う場合、他の同様のビジネスの平均報酬が$ 100,000であれば、IRSはこれを過剰な給与分配と見なす可能性があります。監査では、IRSは賃金が過剰であり、配当金の分配を宣言することを回避するために使用されたと判断する場合があります。

考慮事項

利益剰余金は高額になる可能性があるため、公認会計士または税務専門家に相談して、超過分を処理する最善の方法を決定してください。予想される将来の購入のために内部留保が保持されている場合、その理由は会社の議事録に十分に文書化されている必要があります。不必要な税金やIRSの罰則を回避するには、配当を発行するか年末のボーナスを支払うかなどの税務計画が重要です。