SharePointでPowerPointスライドショーを表示する方法

MicrosoftのSharePointコラボレーションソフトウェアを使用すると、リモートプロジェクトユーザーがドキュメントやレポートを相互に直接共有できるWebサイトを確立できます。中小企業の環境では、複数の作成者によるドキュメントを簡単に作成できます。SharePointサーバーにOfficeWeb Appsを追加すると、互換性のあるドキュメントのリストにPowerPointスライドを追加できるため、ユーザーは各プレゼンテーションを個別にダウンロードしなくても、サイト上でPowerPointプレゼンテーションを表示できます。

1

MicrosoftOfficeインストールディスクをSharePointサーバーシステムのCD / DVDドライブに配置し、システムが自動インストールプロセスを開始するのを待ちます。ディスクが自動的に起動しない場合は、Windowsブラウザを開き、CD / DVDドライブに移動して、ディスクのルートディレクトリにある「setup.exe」ファイルをクリックします。

2

指示された場所にOfficeプロダクトキーを入力し、[続行]をクリックして[ファイルの場所]ページに進みます。「今すぐインストール」をクリックして、Webアプリのインストールを開始します。[SharePoint製品構成の実行]オプションを選択し、[閉じる]ボタンを押してOfficeSharePoint構成ウィザードを開始します。SharePoint製品ウィザードのウェルカムページで[次へ]ボタンを押し、次に[はい]を押して、構成プロセス中にシステムを再起動する必要がある可能性があることを通知するメッセージを確認します。

3

構成プロセスが完了するのを待ってから、「完了」ボタンをクリックします。完了すると、SharePointソフトウェアはPowerPointスライドの埋め込みと互換性があります。

4

Webブラウザーを使用してSharePointサーバーにログオンします。[チームサイト]タブをクリックし、[ライブラリ]の下の[共有ドキュメント]オプションを選択します。

5

「ドキュメントの追加」をクリックしてファイルブラウザを開きます。コンピューター上のシステムにアップロードするPowerPointスライドショーの場所に移動し、SharePointのドキュメントライブラリにアップロードするスライドショーを選択します。ドキュメントが[共有ドキュメント]リストの下に表示されます。

6

PowerPointスライドをクリックして、PowerPointWebAppで開きます。スライドショーがブラウザに表示されます。ブラウザウィンドウのスライドの下部にある矢印をクリックすると、個々のスライドを進めることができます。