職場での男性と女性による非言語的手がかり

笑顔、しかめっ面、指を振る、目をそらすなどの非言語的な手がかりは、人々がメッセージを認識する方法と、仲間がメッセージを認識する方法の両方に影響を与えます。これらの手がかりは、自信、能力、誠実さ、説得力を反映しています。職場での非言語的な手がかりは、矛盾や明確さをもたらす可能性があります。従業員は、非言語メッセージが言語コミュニケーションをサポートし、特に多文化環境では無視できないことを認識することで、コミュニケーションの問題を回避できます。メッセージを送受信する複雑なコミュニケーションプロセスを理解することにより、成功するビジネスプロフェッショナルは、仕事上の男性と女性の関係を改善します。

顔の表情

対面のミーティングでは、男性と女性は常に自分の性格、感情、態度についての合図を出します。顔の表情を解釈することは、彼らが話されたメッセージの適切な意味を解読するのを助けます。たとえば、直接アイコンタクトを行うと、通常、信頼性が高まります。別の例として、女性が否定的な発言をしたが、そうしている間に微笑んだ場合、彼女は冗談を言っている可能性があります。男性も女性も、自分の表情が会話に加えるメッセージを意識する必要があります。顔と体のメッセージと口頭の言葉の組み合わせは、個人が真実と嘘を解読するのに役立ちます。

外観

非言語コミュニケーションを専門とする社会心理学者のジュディス・ホールによれば、女性は男性よりも他人の外見をよく覚えています。彼女の研究はまた、女性は通常、すべての非言語的手がかりを解釈する能力が高いことを示しています。女の子は育てて世話をするように教えられる傾向があるので、これは彼らの性別の役割に関係しているかもしれません。男性と女性の間のコミュニケーションを改善するために、すべてのビジネス担当者は、非言語的コミュニケーションの形式としての外観によって送信されるメッセージに注意を払う必要があります。たとえば、適切なビジネス服装は、仕事に対するコミットメントと敬意の感覚を伝えます。週末のためにカジュアルな服を保存します。

姿勢とジェスチャー

人々は年をとるにつれて、姿勢やジェスチャーなどのボディランゲージを正確に解読する能力を発達させます。これは人のモチベーションに関係しているかもしれません。たとえば、強力な立場にある男性が従属的な役割の女性とコミュニケーションをとる場合、彼女は通常、自分が何を望んでいるのかを理解するよりも大きな動機を持っています。男性も女性も、寄りかかったり、同意してうなずいたり、手で身振りをしたりして否定的なメッセージを強調することで、会話に興味を持っているように見えると、より説得力があります。間接的なアイコンタクトやそわそわなどの神経行動は、自信と信頼性を伝える人の能力を低下させます。

物理的空間

立ったり座ったりする姿勢もコミュニケーションの一部です。親密な関係では、誰かに近づいたり、近づいたりすることは魅力を意味します。しかし、ビジネス関係では、それは悪影響を与える傾向があります。企業は、同僚が仕事上の他の人の行動を誤解しないように、容認できる行動のルールを確立することにより、セクハラ事件を回避することができます。