ビジネスで使用される有形動産のIRS179控除の例

セクション179の控除により、中小企業は、特定の不動産および設備を購入した年の全費用に対して税額控除を受けることができます。これは、時間の経過とともに資産を減価償却するよりも大きく、より即時の税金の節約を生み出します。これは、企業が通常そのようなコストを差し引く方法です。セクション179の控除の対象となるものの中には、「有形動産」があります。

定義

有形動産の「動産」と混同しないでください。それは、ビジネス目的で使用される非ビジネス資産を指すものではありません。むしろ、内国歳入庁は、個人資産を「不動産」ではない資産、つまり土地や建物として定義しています。一方、「有形」とは、物理的な形をしていることを意味します。つまり、触れることができるものです。セクション179により、企業はそのような資産の全費用を限度額まで控除することができます。たとえば、2013年のセクション179の最大控除額は50万ドルでしたが、控除額は中小企業を対象としているため、200万ドル以上の資産を購入する企業では控除が段階的に廃止され始めます。

機器と車両

通常は減価償却する必要のある機器はすべて、有形動産としてセクション179の控除の対象となります。コンピューター、レジ、生産機械はすべて一例です。車両も控除可能ですが、一定の制限があります。一般に、救急車や霊柩車、タクシー、その他のレンタル用車両、および専用の業務用に特別に改造された車両と同様に、貨物車両および多数の乗客を運ぶように設計された車両は完全に控除できます。通常の車やSUVなどの他の乗用車は、部分的にしか控除できません。そのような車両の控除は、基本的に個人使用のために高級車を購入し、セクション179に基づいて全費用を償却する一部の事業主をめぐる論争の結果、上限が設けられました。

家具と設備

机、椅子、ワークステーション、ファイリングシステムなど、ビジネスで使用される家具は、セクション179の有形動産と見なされます。同じことが備品(店舗のカウンター、陳列ケース、散歩などの建物に取り付けられた資産)にも当てはまります。 -レストラン用の冷凍庫または冷蔵庫、または営業外の看板。ただし、構造的な目的を果たすものはすべて、建物自体の一部(不動産)と見なされるため、対象外です。冷暖房ユニットは構造的と見なされ、対象外です。

その他の例

サービスステーションの所有者の場合、有形動産の控除には、ガスポンプと燃料を保持するために使用される地下貯蔵タンクが含まれます。農業に携わる企業にとって、家畜は有形動産と見なされます。フェンス、駐車場、その他の舗装されたエリア、スイミングプール、ドック、橋など、「土地改良」と見なすことができるものはすべて、通常、セクション179の対象にはなりません。