書籍の監査には何が関係していますか?

帳簿の監査の主な目的は、財務情報管理が提供するものを検証することです。会計の専門家が会社の財政状態に関する経営者の意見に同意することを知っているので、従業員、所有者、および潜在的な投資家は安心します。貸し手と保険代理店は通常、監査済み財務諸表と明確な監査意見を持つ企業により有利な条件を提供します。

監査の計画と設計

2つの監査が同じではありません。監査の初期段階では、監査人は会社とそれが運営されているビジネス環境を理解しようとします。監査人は、業界の競争力、業界内での会社の位置、および会社の過去の財務実績を確認します。この情報を分析することで、監査人はリスクの最大の領域、つまり財務情報が不正確または誤解されている可能性が最も高い領域を特定できます。その後、監査人は、これらの特定のリスク領域に焦点を当てるように監査を設計できます。

コントロールのテスト

一般的な企業リスクを評価した後、監査人は企業の内部統制の質をテストします。たとえば、監査人は、会計情報システムがどの程度安全に設定されているかを確認し、会計業務がどの程度重要に監視および分離されているかを尋ねます。優れた内部統制は、従業員の会計上の間違いを捕らえ、従業員が意図的に情報を誤って報告するのを防ぎます。内部統制が弱いということは、虚偽表示のリスクが高いことを意味します。つまり、監査人はより多くの取引をチェックする必要があります。

実質的な手順

監査人は、実質的な手順を使用して、貸借対照表上の各勘定のドル価値を「実証」します。残念ながら、監査人が監査している年のすべての企業取引をチェックすることは通常実行可能ではありません。監査人は通常、サンプルベースの方法を使用して、会社の取引の適切な断面をチェックします。彼らは、リスクが高いと見なした領域で、より多くのトランザクションをテストします。トランザクションをテストするとき、監査人はアサーションをサポートする証拠と文書を調べます。たとえば、顧客の支払いを確認するために、販売注文と小切手のコピーを管理者に依頼する場合があります。彼らは、トランザクションを取り巻く詳細とイベントを調べて、情報が適切なタイミングで適切なアカウントに記録されていることを確認します。

報告

監査の最終段階は、監査報告書の作成と意見の発行です。監査人は、重要な問題を発見せず、財務情報が公正に提示されていると信じる場合、無条件の意見を出します。監査人がいくつかの重要な問題を発見したが、全体的な財務が公正に提示されていると感じた場合、監査人は適格な意見を発表します。監査人が希望するすべての領域をテストできなかった場合は、そのことを記載した免責事項レポートを発行します。物事が本当に醜い場合、監査人は財務諸表が公正に提示されていないことを示す反対意見を出します。