国際的な事業活動の4つの基本的なレベルを説明する方法

すべての企業は、今日の世界経済における海外市場と競争の影響を経験しています。このため、一部の中小企業は、国内市場だけでなく、世界の他の地域の市場も活用するための措置を講じています。グローバルな視点を採用するかどうかを決定する最初のステップは、国内、国際、多国籍、グローバルレベルの事業活動の違いを理解することです。

国内事業運営

国内の中小企業は、原産国で、物資の取得から製品やサービスの販売まで、すべての企業運営を行っています。レストラン、書店、コンビニエンスストアなど、米国の中小企業の多くは国内企業です。これらの企業は、母国全体の市場で自由にビジネスを行うことができ、他の小規模、中規模、または大規模な国内企業や、国際、多国籍、グローバル企業と競争する可能性があります。

国際事業運営

中小企業は、原産国で主要な事業運営を行うが、他の国から一部の製品または製造資源を輸入したり、一部の製品またはサービスを海外市場に輸出したりする国際企業である場合があります。輸出入品の量または金額は、事業、その製品ライン、およびその顧客によって異なります。たとえば、テキサスの小さなおもちゃの製造業者と小売業者は、ホンジュラスから製品ラインのビルディングブロックやその他の木のおもちゃを輸入し、それをヨーロッパのデパートに販売する場合があります。同様に、市の講堂を建設する中小企業の政府請負業者は、講堂の座席、スクリーン、オーディオおよびビデオ機器を供給するための契約の割合を外国企業に与える可能性があります。

多国籍事業運営

多国籍企業でもある中小企業は、海外に1つ以上の子会社を設立します。ただし、会社の本社と中央管理は、原産国にとどまります。たとえば、ダラスに本社を置く小規模なソフトウェア企業は、タブレットコンピュータ用のソフトウェアを作成および販売するソフトウェア開発子会社をウルグアイに設立する場合があります。子会社を設立するために、ダラスの会社は既存のウルグアイの会社を買収するか、会社との合弁契約を結ぶか、またはゼロから子会社を設立するかもしれません。いずれにせよ、ダラスの事業は、ウルグアイの施設を管理するために外国のリーダーを雇い、ソフトウェアを生産するために外国の労働力を雇用します。その後、同社は主にウルグアイでソフトウェアを販売します。ただし、同社は米国またはその他の地域でもプログラムを販売している可能性があります。

グローバル事業運営

中小企業が、1つの国を拠点として、世界中の数十か国で事業を確立するグローバル企業になることは不可能です。グローバル企業の地理的範囲により、このタイプのビジネスは、「非国内企業」、「非米国企業」、または「グローバル企業」に分類される場合があります。コストを最小限に抑えるために、飲料メーカーやファーストフードチェーンを含むこれらの有名なグローバルビジネスの多くは、ほとんどの国際市場に適した均一な製品を作成しています。ただし、場合によっては、企業は地域の好みに対応する国別の製品も開発しています。